低用量ピルと中学生と高校生

低用量ピルを服用する学生の方が増えてきています。しかし中学生や高校生などはクラスメイトに知られたくないと思う人も多いでしょう。では実際に、低用量ピルを服用する学生の実態を見てみましょう。

女子高生とピルの画像

低用量ピルは中学生でも飲める?

低用量ピルが中学生でも飲めるのか調べる女の子低用量ピルというのは、本来の目的としては、女性が計画的に避妊をするたるの医薬品であるといえます。しかし、実際には本来の避妊という目的のほかにも、これを服用することによって、身体にプラスの影響をもたらす可能性があることがわかっており、これを副効用と呼んでいます。特に、低用量ピルの副効用として顕著なのは、月経困難症や月経前症候群の症状の緩和です。月経困難症というのは、生理痛ががまんできないほどひどく、仕事や学業に差し支えてしまうような状態になるものを指しています。月経前症候群のほうは、同様の腹痛や頭痛、いらいらなどが生理の直前に発生するものの、生理がくるとしばらくして症状が治ってしまうといったものが該当します。生理痛などは厚くなった子宮内膜が剥がれるときに、子宮が収縮する作用が強すぎるということが原因ですが、低用量ピルを服用していると、そもそも子宮内膜が厚く成長するのを防ぐことができますので、こうした腹痛も起こらなくなるのです。その他の症状についても、ホルモンバランスなどが原因となっていることが多く、低用量ピルの服用でホルモンが一定濃度に保たれることが、問題の解決につながる場合が多いのです。月経困難症などの症状は、かならずしも成人女性だけの問題ではなく、初潮を迎えて生理がすでにはじまっている年代の中学生や高校生などであっても起こり得るものといえます。そのため、体重や血圧などのチェックによって、あきらかに副作用のおそれなどから使用を控えたほうがよいとみられる場合などを除いては、中学生であったとしても、低用量ピルの処方を受けることは可能です。この場合、婦人科などに相談をして、問診を受ければ、しかるべき処方をしてもらうことができますし、婦人科に行くには抵抗があるという場合には、総合病院などで思春期外来の窓口をもっているところに行くという方法もあります。

低用量ピルをクラスメイトに見られた場合なんて言う?

低用量ピルをクラスメイトに見られた場合なんて言うかを考える女の子世界中の女性たちに愛されている低用量ピル、異性との交際において、望まない妊娠という悲劇を回避させることが出来、なおかつ、ホルモンバランスを整える効能があるので、毎月の生理を軽いものに改善させてくれるなど、女性の日常生活の向上に大活躍してくれる、素晴らしい医薬品です。しかし我が国においては、まだまだ普及率も低く、この利便性を正しく理解していない女性も少なくありません。服用をする当の女性ですらそのような理解度なので、異性の中には、ピルを飲んでいる女性は尻軽だ、性に対して奔放だ、などという馬鹿げた意見を持っている輩もおり、こういった偏見も日本での低用量ピルの普及を妨げている要因の一つになっているようです。そもそも、女性が避妊を男性任せにする、ということ自体が間違っており、妊娠をしてしまうことにより、様々な不利益を被るのは女性だけなのです。避妊に失敗してしまった男性側には何の不利益もなく、子供を産むにせよ産まないにせよ、決断を迫られるのも女性だけです。低用量ピルを服用することにより、妊娠しない身体にするということだけではなく、生理周期を安定させたり、大切な行事とぶつからないようにコントロールすることも可能となるので、仕事を持つ女性だけではなく、女学生にも最適な医薬品です。もし、ピルの服用をクラスメイトに知られたら、ピルの持つ素晴らしい効能を教えてあげましょう。毎月、ひどい生理痛に悩まされることもなくなり、授業中にトイレに行けず、経血が漏れて下着や制服を汚してしまったり、といったアクシデントもなくなり、生理期間でも普段と変わらず快適に過ごせるようになるのです。大切な試験日、修学旅行も、生理とドッキングするという事態を回避させることも可能な薬なのです。

■低用量ピルで人気のあるトリキュラーを使いませんか?
トリキュラー