低用量ピルを服用する学生の方が増えてきています。しかし中学生や高校生などはクラスメイトに知られたくないと思う人も多いでしょう。では実際に、低用量ピルを服用する学生の実態を見てみましょう。

女子高生とピルの画像

低用量ピルは生理をずらせるので鬱にならない

旅行を予定している時やスポーツなどをする女性が、大事な大会の前に生理になってしまうと鬱になってしまうものですよね。
人によってはそこまで気にならないということもありますが、やはり旅行をするのであれば生理でない時のほうが楽しむことができますしスポーツをする場合には生理はパフォーマンスに影響を及ぼしてしまうものです。
そのため、大事なイベントが有る時にタイミング悪く整理になってしまうと多かれ少なかれ憂鬱な気分になってしまうものですが、これは女性の宿命ですから受け入れるしかありません。

少し前まではこのようなことでつまらない思いをしたという女性も大勢いるのですが、最近では低用量ピルが簡単に手に入れることができるようになったため生理のことで悩むことも少なくなりました。
一般的に低用量ピルは避妊のために用いられる薬と思いがちですが、低用量ピルには避妊効果だけでなく生理をずらすことができる効果もあるので、大事なイベントがある時には生理のタイミングをコントロールすることができるようになるのです。
そのため、大事なイベントが生理によって台無しになってしまうということを避けることができるため、生理に泣かされることもなくなるのです。

低用量ピルを手に入れるためには産婦人科などに入って処方して貰う必要があるので、抵抗感を持つ人もいるかも知れませんが理由を話せばすぐに処方をしてもらうことができるので、あまり気にしすぎずに相談してみると良いでしょう。
悩んだ結果として低用量ピルを使わずに、結局肝心な時に整理になってしまって後悔をするようなことになってしまうよりは、勇気を出して病院に行って低用量ピルを処方してもらったほうが何倍も良いものです。